私が見ているモノ

lovepanda.exblog.jp
ブログトップ

退色

最近「時間を経て様子が変わる」ということに思いを巡らす。
明らかに「にぎやかな天地」の影響と思われ・・・f^^;) ポリポリ
自分の好きな物が使ってるうちにどう変わっていくのか。
ノート→モールスキンは時が経つと紙が退色してくるとどこかで見た。
     じゃぁ普通のノートはどうなんだろ?
     いつも持ち歩いたりしてるとたしかに端っこの角がなくなってくる。
     紙の側面が手垢か汚れで薄グレーになっていく。
     じゃぁ書いた文字は?
     昔のノートを見ても油性BPや水性ペンで書いた文字はどうも変わってないみた
     い。
     それとも変わるにはもっと年月が必要?
     万年筆で書いた文字は変わるのかな?
てぬぐい→
     洗濯重ねて色落ちしてくる。
     繊維が細くなるのか柔らかくなってくるらしい。楽しみ。
革モノ→細かい傷が入り合わせて「あたり」が出て馴染んでくる。
     皮脂なのか汚れなのか色がところどころ濃くなってくる。
万年筆→ペン先が書きやすくなるらしい。
      未体験。自分で変化がわかるのかな?

なんか変わるのが楽しみ。
何年もかかるのだろうけど「いつのまにかこんなんなってた」っていうの味わいたい。
そうそう、デニムみたいな感じ。
最初から色落ちしたのが売ってるけど、自分で育てていくのが楽しいのよ。
そうなると今使ってるエトランジェコスタリカのノートみたいにプラスティックの表紙のノートよりも
紙の表紙で変わっていくのを見た方が楽しそう。
う~ん他にもいろいろあるなぁ。
いずれ変わって朽ちていくってのが良いのよね。
[PR]
by panda_77 | 2006-02-16 09:06 | 生活