私が見ているモノ

lovepanda.exblog.jp
ブログトップ

フォレスト・カーター

普及版 リトル・トリー
フォレスト・カーター / / めるくまーる




チェロキーの少年リトル・トリーの目を通して語られる優しさと痛みとユーモアに満ちた、心に沁みる物語。
環境・家族の絆・人種差別・人間関係などに真摯な眼を向け、シンプルで力強く描かれた小さな古典。

ちょっと児童図書かな?と思ったけど、人種差別や自然と共存する大切さとか少なくとも私が児童の時読んでも気付かないだろうから今大人になって読んで良かった。
作者のフォレストカーターについてはいろいろ言われてるみたいだけど、自伝書と思わず小説として読めば良い。
スローライフが見直されてる今だし、自然に従って耳を傾けて生きるというのはやっぱり大事な事。
とても良い本。





師走らしくとても忙しいです。
体力的にハードな訳ではないけれど心の余裕が・・・。
好きな本もあまり読めないし、やりたい事がゆっくりできない。
ちょっとストレス。
今週乗り切れば用事もなくなるのでゆっくりできるハズ。
ガンバロー。
[PR]
by panda_77 | 2006-12-19 09:06 |