私が見ているモノ

lovepanda.exblog.jp
ブログトップ

森村誠一

純白の証明
森村 誠一 / / 中央公論新社







組織は一人の不正を許す事はあっても、一人の正義を許さない。それが組織に働く者の怖さである。正義の軍隊に所属しているつもりが、いつの間にか不正の戦いに引きずり込まれている事を知っても、途中で戦いを止めるわけにはいかない。
組織は人間が作った物でありながら、独自の生命を持つ。組織の構成員一人一人の意思とは異なった独自の力学によって動き出す。組織のリーダーによってすら止められない力で、おもいもかけない方角へ進んでいく。
時には制御できない加速度をつけて暴走する。その加速度は組織そのものが崩壊するまで止まらない。組織はその創設者の精神や意思とは全く異なった化け物に変質してしまう事がある。

日曜日に読み終わった本。
不二家の期限切れ牛乳使用の件もこういうことでしょうか?
昨日社長の辞任会見見ながら、タイムリーに本を読んでいたなと思って。
そして私、前月のクリスマスには滅多に食べない不二家のケーキを食べていたのです(-_-;)
[PR]
by panda_77 | 2007-01-16 09:44 |