私が見ているモノ

lovepanda.exblog.jp
ブログトップ

持病?

私には右肩が脱臼しやすいという癖?があります。
中学生の頃から頻繁に脱臼し始め、何回も救急車のお世話になりました。
(こんな事で救急車を使うといけないのかもしれないけど、夜中に脱臼すると救急病院探すより救急車の方が早いから。いけないかも・・・)
最初の頃は「脱臼した!」と思ってもすぐ元に戻る亜脱臼だったのが、完全にはずれるようになってしまいました。
何回も脱臼するのは反復性肩関節脱臼というらしい。
寝ていてははずれ、起き上がろうとしてははずれ・・・。
一番印象に残っている脱臼は、一人暮らしの時寝ていて(仰向けで万歳して寝ていたみたい(^^ゞ)「ばきっ」という音と痛みで目が醒め、脱臼したのはわかったけど起き上がれない・・・。
ベッドの横にある電話を足でたぐり寄せ119番。
ちょっとパニクッていたので「脱臼したけど玄関の鍵が開けられない!」みたいな事言って「うちは鍵の110番ではありません」と言われた事。
まぁでも無事に、同じ階に住んでた大家さんに鍵を開けてもらい(チェーンは鋏で切ったらしい)救急隊員に体を起こして貰い自分の足で救急車に乗り病院まで行けました。




脱臼してしまうとすごく痛いんです。
痛いから泣きそうになってでも泣くと響くから我慢して、今度は我慢するのに力が入ってまた痛くて。
病院に着くとレントゲンとって(これがまた痛い)麻酔して入れてもらいます。
そして数分後に家に帰れます。
まぁでも治しようがないので上手く付き合ってはいたのですが。

ところが先日すんごい久しぶりに脱臼しそうになったのです、寝ているときに。
何回も脱臼しているのでその直前の感じがわかるのです。
「危ない!」との想いで目が醒め、横に寝ているはちを起こそうかと思ったけどなんか上手く声が出ない。
肩を触ると骨が変な風に。あぁぁやばいよ。
体に力が入るのを冷静に抑え数分かかってなんとか元に戻しました。
あーよかった・・・。

脱臼しやすい体勢というのが何通りかあって、そうならないように気を付けてはいたんですが油断していました。
持病と上手く付き合うために油断大敵です。
(今年の抱負に付け加えました。)
[PR]
by panda_77 | 2007-04-28 10:16 | 生活